暇人音楽好きのブログ

ひたすら自分の好きな音楽について語ったりするブログ。主にポルノグラフィティや柴田淳など

「永遠の嘘をついてくれ」感想

 f:id:possaku:20170627232023j:image

 今更ながら買いました。

吉田拓郎トリビュートアルバム。

元々買うつもりなかったけど、

カフェイレで「永遠の嘘をついてくれ」で晴一さんが流してくれて、一瞬でぞっこん。

勢いで買っちゃった。金ないのに。

てことで感想。

 

まず、自分自身、全然吉田拓郎さんの世代には合致しないので、聞くときはちょっと不安とか抵抗感が多少あったんだけど

その不安をまず解消してくれるのが、昭仁さんの歌声。

旅先から帰ってきてから感じる、

「あぁ、我が家だ。」

に近い感覚の安心感がある。

 

「成田からの便は〜」ってところは

声がちょっと濁っていて印象的。

そっからは、普通に昭仁さんの歌声(当たり前だ)。

高音もキレイに出ていて、流石昭仁さんだなぁって思う。

サビ以外は結構言葉が大量に詰まっていてかつ原曲と比べてテンポも早いので、中々歌うのが難しそうだけど、それも難なく流暢に。

ヴォーカルとしての昭仁さんの新たな一面みたいなのも感じた。

ある程度キャリアを積んだからこそ、歌い上げられる曲だと思います。

 

曲は先ほども言った通り、原曲がスローなのに対して、こちらは比べるとかなりテンポが早め。原曲はバラードっぽいのに、こっちはポップスっぽく完全なバンド形。

編曲者も凄いですね。

ギターソロもノリノリでいい感じ。

ソロ前の「ヘイッ!」もいい感じですね。

 

はい!こんな感じです。

よくよくみたらこのアルバム、なかなか

メンツが凄いですよね。

武部聡志さんプロデュースで、参加アーティストは奥田民生さんや鬼束ちひろさんやら井上陽水さんやらTHE ALFEEやら。

鬼束ちひろさんとか久々に歌声聴いたなぁ。

他のアーティストのカバーも今度じっくり聴いてみます。

 

では!