暇人音楽好きのブログ

ひたすら自分の好きな音楽について語るブログ。

BUTTERFLY EFFECT 感想

f:id:possaku:20171029221106j:image

どうも。ぽっさくです。

さぁ〜遂にリリースされました「BUTTERFLY EFFECT」。いや、今回も凄いよ。とりあえず凄い。いろいろ凄い。

そんな凄いアルバム「BUTTERFLY EFFECT」感想です。今回も長いよっ。

 

01.THE DAY

この曲を初めて聴いた時は衝撃が凄かった。自分が思う、「かっこいいロックミュージシャンなポルノ」がまさしくこれだったから。40なってまでこんな曲だしたのは凄いよ。

この歌声を「怪獣みたい」と表したスガさんも凄い。

 

02.working men blues

いやこの曲も凄い(しつこい)。今や「社畜」や「ブラック企業」なんて言葉が有るこの日本。その日本のサラリーマン固有のブルーな部分を少し暗いロック調な曲で痛々しく表現しつつ、直接的な励みになる言葉はないけど、励みになる、何か自分の使命を感じるような言葉でで前向きになれる歌詞。2番のAメロの歌詞が本当に痛い。中でも凄いなーって思った表現が1番のサビまでの歌詞。「歯車なんかになりたくはない」と豪語するロック歌手に、皮肉を言う場面だけど、これを“ロック歌手”であるポルノが歌ってるっていう。より歌詞に説得感が出てくる。そういう部分でも新橋ライブで言ってた、「この歳になってサラリーマンなどのかっこよさが分かった」っていう言葉の意味が滲み出てくる。

 

03.君の愛読書がケルアックだった件

おい、なんだこのどっかで聞いたことがあるような曲名w

個人的には可愛らしい曲だなぁって思った。本読まない人間なんで、ケルアックって聞いて は? とはなりましたけども。好きな異性の好きなものが自分の好きなものと被ってたら、こういう気持ちになるよね。曲も秋っぽさがあるカラッとした爽快感があっていい。特にギターが好き。スライドだったり、チョーキングだったり、堪らん。今回のアルバムの中で結構上位。

 

04.I believe

はいきた。「夕陽の色」に続いて昭仁さんの感動系バラード。まず思ったんですが、昭仁さん作詞能力上がってませんか?一瞬晴一さんの作詞かと思ったよ。どこか暖かくて大きな包容力があって、優しく包み込んでくれるような歌詞。聞き終わるたびに優しく背中をポンッと押された感覚になる。誰が聴いても前向きな気持ちになれる、大作バラードです。ライブで演ったら泣く。

 

05.LiAR

自分は完全なるロマポル派なんですけど、今回アルバム出て改めて聞いたら、あれこっちもいいな。ってなった。アルバムってそれまでのシングルともう一回向き合える時間があるからいい。バンドサウンドが目立つロマポルVer.もいいけど、そっからアレンジなどが加わって進化を果たしたこのLiARもやっぱりいいものですね。けど歌詞はやっぱロマポル派

 

06.Fade away

I believe」で前向きになれるって言いましたけど、この曲で一気に叩き落とされました。昭仁さんギャップありすぎでしょ。二曲前までの昭仁さんどこいった???

曲も歌詞もダークで、とにかくなにもかもが超暗いんですけど、ただ暗いだけじゃなくてカッコよさも共存してる。この間昭仁さんがどこがで「暗い曲大好き」って言ってましたが、これは納得。けど暗すぎてちょっと怖いくらい。しばじゅんの「雲海」を思い出しました。

 

07.クリスマスのHide & Seek

クリスマスの曲って基本明るいものばかりだと思うんですけど、ポルノは「Hard Days, Holy Night」を含め、クリスマスを少し皮肉って歌ってるからいい。単に“クリスマスだから騒ごうぜ”って曲じゃなくて、何かふと立ち止まって考えさせられる。それがなんかポルノらしくていい。サイレントナイトホーリーナイト を使うあたり、昭仁さんだなぁって思ったw

 

08.MICROWAVE

これは中々の癖者。いや、癖者すぎる。こういった曲はどちらかというと苦手なんだけど、ギターとかも結構目立ったりしてたから抵抗がなくなった。むしろギターソロだったらこの曲が一番好き。自分の頭を冷蔵庫と例えていろいろ展開していくのがおもしろいなぁ。てか2番の歌詞よ。「甘いメール」「エロい動画」はまだ耐えれたけど(ギリギリ)、「笑顔」と「アンダーヘア」は差がありすぎだろ。思わず笑ったわ。だって、「笑顔」来てからの「アンダーヘア」だぜ?曲聴きながら想像してみろ、「笑顔」を想像してみて。自分の彼女とか可愛い子とか何でもいいから。その直後に「アンダーヘア」を想像して。ね、笑えるでしょ?一瞬で言葉の差がガクンッ!って来て。

こんなに騒いでるけど、まぁ“ポルノ”グラフィティですもんね。

 

09.夜間飛行

久々に来た。晴一さんのロマンチックラブバラード。歌詞のワード一つ一つがオシャレだし、ロマンがめちゃくちゃ詰まってる。ロマンスがありあまる。歌詞の描写にいちいちドキドキする。悶える。その辺が晴一さんらしくていい。とにかく甘ーーーーい!!!ね、さっきまで「エロい動画」とか「アンダーヘア」とか言ってた人とは思えないでしょ??? ボーカルもギターもどれもギャップありすぎて恐ろしいわポルノグラフィティ

 

10.真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ

「THE DAY」を出してすぐ後のシングルがこれって... 短期間で限界を更新しすぎじゃないですかポルノさん。

「THE DAY」を「怪獣」と表すなら、この曲は何ですか、スガさん。

 

11.170828-29

いやぁ、かっこいい。この正統派ロックって感じが最高。サビでついついエアギターしてしまう。歌詞では、「戦場からインスタグラムけして映えはしない」が秀逸すぎて唸った。インスタグラムという、敢えて現代的で身近なものを使うことで、某国のミサイル問題がもし戦争にまで発展したら...と思って現実味がこみ上げて来て鳥肌が立った。若いソルジャーとかもそう。「ピースピース」を「んぁピースピース」って歌ってるのめっちゃ好き。「(ミサイルなんかじゃなく)ピースサインが俺らの持つべき武器だろ」。いい歌詞。それをかっこよく言い放ってる。ポルノさん超イカす。いや〜ここまでシビれた曲はじめて。

 

12.Montage

とりあえずDメロの「かーーなーーたーーにーーぼーーやーーけーーてーきーーーえそなぁっしーーーんきろぉっ!!   \ぐわぁぁぁん!!!/  」がMVP。うん。

 

13.スパイス

だーかーら。いい加減にしろ岡野昭仁。「Fade away」のダーク岡野はどこいった。何なんだよこのアホみたいに平和な曲。かわいいにもほどがあるぞ。こういった何気ない日常感いいよね.... そこにカントリー調の曲が凄いハマってていい。とりあえずサーティワンに行きたくなりました。

 

14.キング&クイーン

こちらを是非。

 

 

いや〜今回もなかな濃密なアルバムでしたね。

一番印象に残ってるのは「170828-29」かなぁ。ケルアックもいいし、夜間飛行もいいし、んあ〜〜っどれもいい。今回の曲たちが来月から始まるツアーでどう映えてくるのか。楽しみですね。

 

あっそういえば、NHKの観覧のやつ当たりましたよ。またレポしたりしますね。

そういや先月出たしばじゅんのアルバムの感想まだやってねぇや。

気が向いたらやります。では