暇人音楽好きのブログ

ひたすら自分の好きな音楽について語るブログ。

肴にして呑める、ポルノのギターがやばい4曲

もう2月。早い。

突然ですが2月13日にポルノのライブに行きます。大阪公演。そういえば、東京公演では仲里依紗さんを含め数々の芸能人、関係者の方々が来ていたみたいで。まぁそのせいって言ったらおかしいけど、音楽メディアの記事でネタバレ喰らったんですけどね。えぇ、マジで◯してやろうかと思いました。

まぁライブも近いってことでポルノ(ほぼカメレオン・レンズ)ばかり聴いてるんですけど、やっぱりポルノの曲はギターがかっこいいのが多い。今日はポルノのギターが最高にかっこいい曲を何曲か。

 

・ライオン

まぁこれは曲自体めちゃくちゃかっこいいんですけど、ギターが本当に好きすぎて。ワンフレーズワンフレーズがどれも若々しさみたいなのがあって尖ってて荒いところもあるんですけど、それがかえって無茶苦茶かっこいい。歌に入る前の骨太サウンドなスライド、ソロで唸るチョーキング、そしてソロ明けのピックスクラッチ。これを1960年のレスポールで演るもんなら、その場で気絶する絶対(FCUWではソロアレンジしてたけど...)。「ヴォイス」に収録されているライブバージョンもヤバイぞ。むしろ原曲を超えるかっこよさだぞあれは。シンプルなロックサウンドなギターを楽しみたい方にオススメ。

 

ジョバイロ

まぁ基本的に原曲の方はヴァイオリンが強調されてて隠れがちかも知れませんが、こういうアコギのストロークが激しい曲大好きです僕。あれが弾けるもんなら気持ちよすぎて失神するでこれ。間奏のヴァイオリンとのユニゾンも絶品。多分Martinで収録したと思う。Martinは本当にいい音する。てか晴一さん本当にギターに恵まれてる。Pre Warの000-28も持ってるし。素直にズルい。そんだけヴィンテージギターいらないでしょ、ください。

 

・メリッサ

まぁここで知名度の高い曲を。ソロがいい。サビのフレーズをほぼまんまで弾いてるだけなんですけど、シンプルなかっこよさがあるんですよね。個人的には晴一さんは特にチョーキングやビブラートが上手だと思うんです。このソロは、その技術を最大限に活かせてるじゃないかなと思います。てかTHE WAYのメリッサ、レスポール使ってたよね。現地行ってないけど映像見て泣きそうになった。だって最近ずっとテレキャスとかだったじゃん???昔っからポルノ見てたらやっぱりメリッサ=レスポールなんだよなぁ。あかん、ギターがいい曲を紹介してるのにさっきからギター単体を紹介してる。

 

・東京デスティニー

まぁ聴いての通りカッティングの曲です。晴一さんカッティングも上手だと思います。このフレーズの良さは文章上では語れず。とりあえずAメロにちょくちょく入る「トゥク....」ってのがいい。あとソロと、最後の地味に聴こえにくいけど、「あなたこそが全てさ」の直後に入るスライドが本当にイイぞ。ちょっと女の子にオシャレな曲教えてよ!って言われたら迷わずこのCDを叩きつけてやりましょう。カップリングのダリアを含め、速攻で惚れる。

 

まぁここいらで。もっと紹介したい曲あるんだけど、まず新藤晴一のギタープレイを楽しみたいなら、この曲たちからかなぁと思ったので。あとこれ以上やったらマジで長くなりそうなので。

またします。